QUICKTIME Ver. DOWNLOAD

Brief

Start a Conversation
スニーカーコレクターたちのコミュニティは世界中に存在しており、今なおその熱狂は衰えを知らない。

ナイキ・ジャパンは、そんな人々のスニーカーへの情熱を通じて、国内ビッグブランドとの差を縮めようとしていた。

彼らはソーシャルネットワークの世界でユーザーたちと対話をし、ナイキのヘリテージを土台に、歴史を更に積み上げていきたいと願っていた。

Idea

Play in History

真新しいシューズを箱から取り出す瞬間に感じる期待感や高揚感。それは誰もが一度は経験したことのあるものだろう。そしてほとんどの人が、そんな感情の高ぶりを何度も味わいたいと願っている。ナイキはその瞬間的な感情の高ぶりを十分に理解している。ナイキのユニークな歴史を鑑みると、彼らこそがその感情を生み出した張本人とさえ言ってもいいほどだ。そしてナイキはいま再び、新しいシューズを手にする瞬間の感情が高ぶり、あのMagic Momentを、人々に体験させることを可能にした。

Execution

Going Beyond the Like

オンライン上でナイキやナイキのシューズに触れる場を提供するソーシャル・コマース・アプリ、NIKE SHOE BOXXXX。そこにはナイキがこれまでにデザインしたすべてのシューズが揃っている。ユーザーはそこで、過去に発売されたお目当てのシューズを追い求め、競い合い、交換することができる。さらには友人を招待したり、手に入れたシューズをSNS上でシェアすることで、ボーナス・シューズを手に入れることもできる。ナイキはNIKE SHOE BOXXXX内で、毎月最も多くのスニーカーを収集したユーザーを表彰し、さらには長年リリースされていなかったレアシューズを解禁、アプリ内で販売するまでに至った。最終的にNIKE SHOE BOXXXXは、世界中にいる人々につながりを持たせることに成功した。「シューズ」という唯一無二の世界共通言語を用いて。

公開から2ヵ月間での結果

Facebook impressions 5,994,958
Shareの平均 1日あたり1,000回

オンラインで販売したシューズは数日の内に完売